「Red Bull PAPER WINGS 2015 予選開幕!」

2015年1月31日(日) 東海学園大学で開催された中部予選を皮切りに、Red Bull PAPER WINGS 2015が幕を開けた。

これから約3週間に渡り、3月15日(日)に神戸エアセンターで開催されるJapan Finalへの切符をかけた熱い戦いが全国各地で繰り広げられる。

予選大会については、コチラから!

開催地である東海学園大学の学生以外にも、名古屋大学や名城大学等から学生60人が集まった。

当日、Red Bull University Thr3tyle 中部予選を勝ち抜いたDJ KaoriのPlayが始まり、ついに予選大会が開幕した。

学生達がJapan Final出場への想いを機体に宿す。
その姿は、真剣そのもの。

学生たちが想いをのせて放つ機体に、周囲からは歓声が鳴り響く。

熱い戦いが繰り広げられた中、この日の予選で見事Japan Finalへの切符を手にしたのは以下の3人である。

LONGEST DISTANCE部門 優勝
東海学園大学大学3年生 伊久美 大輔(いくみ だいすけ)さん 記録:24.7m
「必ずWorld Finalへの切符を手にし、世界一を獲ってきます。」

LONGEST AIRTIME部門 優勝
サイバー大学3年生 延命 慎一(えんめい しんいち)さん 記録:7.95秒
「世界一になり、前回大会のリベンジをしてみせます。」

AEROBATICS部門 優勝
名城大学年生 竹内 基貴さん 記録:6点
「今回カメラマンとして参加させていただいたのですが、偶然にも優勝できたので、行くからには世界一を目指して頑張ります。」

Japan Final出場者は、今後の地方予選ごとに各部門の優勝者が選ばれる予定である。

さらなるJapan Final出場への切符をつかむのは誰だ!

PLAY THE GAME
NEXT EVENTS
Check-In
RESULTS
Longest Airtime
1
祺彦 何 (CHN)
14.53 SEC
2
Karol Gut (POL)
14.22 SEC
3
이정욱 서강대학교 (KOR)
14.19 SEC
Longest Distance
1
Giovanni Mamea (NZL)
59.00 M
2
Addison Asuchak (CAN)
57.70 M
3
Joshua Steward (NZL)
53.00 M
Aerobatics
1
Dragomir Roussev (BUL)
30.00 PT
2
Mauricio Gonzalez (MEX)
30.00 PT
3
Dennis George (IRL)
30.00 PT
Longest Airtime
Longest Distance
Aerobatics