The Red Bull Paper Wings Rules

RED BULL PAPER WINGS RULES

世界記録へ挑戦するためには、この日本紙ヒコーキ協会によって規定されたルールに従って、競技を進めていきます。世界中で同じルールの競技を行うために、このレッドブル・ペーパーウイングスのオフィシャルルールが必要となるのです。

Longest Distance (最長飛行距離)

<規定>
会  場:屋内(風の影響をなくす為)
用  紙:公式A4紙(297×210mm/100g/m2 以下)
規  定:作成方法は折り曲げることのみ
禁止事項:紙を破ること、切ること、糊で貼付けること、ホッチキスの使用、補助をつけること

<ルール>
・ 投てき者は一人(他人の手助けを受けることは出来ない)
・ 投てきの際にスタートラインに触ったり、超えてしまったりした場合は無効
・ 投てき者は一度紙ヒコーキが床に着地するか障害物に接触した後にスタートラインを超えることが許されます
・ 各参加者三回の投てきが許されます
・ 各投てきに対して別の紙ヒコーキを使用することも可能で、より良い結果を採用します
・ 測定はメジャーによって行われます
・ 測定基準はスタートラインの中心から紙ヒコーキが最初に着地した地点までです
・ 結果はcm単位によって測定されます

Longest Airtime (最高飛行時間)

<規定>
会  場:屋内(風の影響をなくす為)
用  紙:公式A4紙(297×210mm/100g/m2 以下)
規  定:作成方法は折り曲げることのみ
禁止事項:紙を破ること、切ること、糊で貼付けること、ホッチキスの使用、補助をつけること

<ルール>
・ 投てき者は一人(他者の手助けを受けることは出来ない)
・ 投てきは静止した状態で投げること
・ 投てき者は両方の足をしっかりと床に着けた状態で投てきし、紙飛行機が着地するまで床に両方の足をつけること
・ 走る、早歩き、傾斜をつけるなどのような行為は認められていません
・ 各参加者三回の投てきが許されます
・ 各投てきに対して、別の紙飛行機を使用することも可能で、より良い結果を採用します
・ 測定基準はスタートラインの中心から紙ヒコーキが最初に着地した地点までです
・ 測定時間は1/100秒単位によって測定されます

Aerobatics (曲技飛行)

<規定>
会 場:屋内(風の影響をなくす為)
規 定:紙を使用する以外制限なし(紙質、サイズ、構成、補助の使用など)

<ルール>
・ 操縦器やバッテリーなどの貯蓄エネルギーの使用は禁止
・ 作成済みの紙ヒコーキをコンテストに持参可能
・ 投げ方の規制はなし
・ 各参加者は審査員の前で1分間のパフォーマンス時間が設けられています

<曲技の評価基準>
・ 紙ヒコーキの構成(技術面)
・ 創造性(芸術性・デザイン性)
・ フライトパフォーマンス

*曲技に関しては、すべて審判によって競技者のパフォーマンスが判断されます。
*審判は3名で、それぞれ1~10ポイントで競技者のパフォーマンスを評価します。合計のポイントが競技者の結果となります。